1. 第2期塾生募集について

投稿日時: 06/03 塾長

令和4年度 第2期 登米「耕人塾」実施要項  

1 趣旨

  登米地域の中・高校生の「人間力」を磨き,地域や社会に貢献する人材を育成し,併せて大学生や市民を巻き込んだ学

 びの場とする。

 

2 指導指針

 (1)グループ討論や実践活動を通して「人間力」を向上させ,利他心を身につけて社会貢献への高い志を持たせる。

 (2)「文・武・楽(学問や武道,スポーツ,趣味)」の講話や体験を通して,人間的な幅と深さを身につけさせる。

 (3)日本の伝統文化を体験させ,日本人としての自覚を持たせ,同時に自然や郷土を愛する心を育成するとともに,世

              界に誇れる礼儀作法を身につけさせる。

 (4)地域の防災を考え,非常災害時に率先して地域に貢献できる実践力を身につけさせる。

 

3 今年度のテーマ

 「自他の生命の大切さを見つめ直し,命を守るために自分たちのできることを考えよう」 

      ~ 考動 発信! 未来に ~ 

 

4 活動方針

 (1)高い志を持ったリーダーを育成し,地域や社会に貢献する人材育成を目指す。

 (2)塾生の主体的な考えを生かした実践活動を取り入れる。

 (3)中・高校生のみならず大学生や市民の学びの場とする。

 

5 耕人塾生としての心構え

    人間として当たり前のことを当たり前に出来る塾生(凡事徹底 )

      ① 先行挨拶

      ② 整理整頓 感謝のゴミ拾い

      ③ 自他の生命の尊さを実感し,命を守る意識を高める

 

6 活動内容

 (1)テーマに沿った講話を聞きながら,塾生同志が意見交換をしながら,考えを深める。

 (2)実践活動や討議活動では,指導者も師弟同行で活動する。

 (3)塾生の主体性・自主性を重視し,達成感のある活動にする。

 

7 日時・場所

 (1)今年度は開塾式と閉塾式を含めて6回の活動を行う。

 (2)第4土曜日 18:30~20:30の研修を原則に実施する。

 (3)主な活動場所は迫中央公民館・登米市内ふれあいセンターなどの公的施設とする。

 

8 対象及び定員

 (1)リーダーとしての志を持ち,参加意欲の高い登米地域等の中・高校生とする。

 (2)塾生の定員は20名~30名程度とする。

 (3)大学生や若手教員及び一般市民の参加も随時歓迎する。

 

9 その他

 (1)服装は場や活動内容にふさわしい服装とし,出欠の連絡を10日前までに必ず事務局へ連絡する。

 (2)通塾は保護者の責任で送迎する。

 (3)受講料は全て無料とする。

 

10 申込等

 (1)入塾希望者は,下記のGoogle formから,6月18日【土】までに必要事項を記入して送信してください。

    Google form  https://forms.gle/TUeVaptUGdDJYav76

       QRコード       

 

 (2)formに記入できない場合は,「申込書」を記入の上,下記のFAXに送信してください。

   (開塾式の際に原本提出)

               R4年度 登米耕人塾 申込書         

           宮城県登米市迫町佐沼字駒木袋76番地の1 千葉和彦 宛

                FAX 0220-22―6573

 

     

 (3)問い合わせ:『登米耕人塾』事務局

    塾長      登米市立豊里中学校内   千葉和彦  携帯 090-5834-7480

    運営委員長   登米市立北方小学校内   加藤浩二  0220-22―2286

    運営副委員長  登米市立石越中学校内   大内 崇  0228-34-3014 

    教学委員長   登米市立南方中学校内   及川幸司  0220-58-2014

    事務局長    登米市立中田中学校内   伊藤 圭  0220-34-2241

 

    登米耕人塾ホームページ  http://tome-koujinjyuku.jp